ダイエットでふくらはぎの筋肉強化は重要か

効果的なダイエットをしたい場合は、有酸素運動を継続することが、ふくらはぎだけでなく、全身のシェイプアップになります。初めのうちは、軽いジョギングや、ウォーキングをするといいでしょう。ダイエットには有酸素運動がいいと言われているのは、無酸素運動と異なり、酸素を体内に供給しながら脂肪を燃やして運動をするからです。無酸素運動はダイエットに全く必要のないものかというと、そうではなく、実は無酸素運動もダイエットに重要な役割を果たしています。体内に一定量の筋肉を蓄えておくことは、脂肪燃焼のためになります。筋肉をつける働きが、無酸素運動にはあります。筋肉が多い体は、体内に蓄積されている脂肪を速やかにエネルギーに変えることができるからです。ただし、筋肉ががっちりついたふくらはぎは、いくら脂肪が少なくてもごつく、太く見えてしまいます。体に筋肉があることでダイエットがスムーズにいく反面、体がごつごつして見えるようにもなるので、留意するべきでしょう。効率的なダイエットをするためには、筋肉を多くして、カロリーをエネルギーに変えるサイクルを促進することが意味があります。無酸素運動をする場合は、なるべくふくらはぎではなく、他の部位を意識した運動をすることがポイントです。ダイエットをスムーズに勧めるには、胸筋や、背筋などの、特にボリュームのある筋肉を重点的に使えるような無酸素運動をするといいでしょう。ダイエットをしてふくらはぎを引き締めたいという時は、筋肉増強効果がある無酸素運動と、脂肪燃焼効果がある有酸素運動を、上手に使い分けることがポイントです。